治療の痛みを軽減5 -針の刺し方

治療の痛みを軽減5 -針の刺し方

2015-04-08

血液検査を行う際など、注射針を何度も
刺しなおされたというご経験はありませんか。
自分はありませんが、友人の話を聞くと
そういうことが時々あるそうです。

何度も刺しなおすということは
正しい場所に上手く刺さらなかったために
やり直されるんです。

ただでさえ痛い注射を何度もされるのは
誰でも嫌ですよね。

恵愛歯科医院では、出来るだけ痛みを感じにくい
柔らかい場所
を探し当てて注射をします。

歯医者での治療において、麻酔針を刺すときの痛みは
歯茎の表面だけではありません。
骨の表面を覆う“骨膜”も痛みを強く感じます。

最初は神経の通っていない
皮膚のすぐ下(表皮と真皮の間の皮内)に注射し
骨膜上でゆっくりと麻酔液を注入し
これを麻痺させてから徐々に内部に進入させます。

ゆっくり一定の圧力で注射をすることで
さらに刺激を減らすことができます。

とても高度かつ丁寧な技術が必要とされるんです。

恵愛歯科医院へ来院される患者様の主な地域
豊島区、文京区、巣鴨、池袋、千石、春日、根津、駒込、本駒込、大塚、田端、西ヶ原、中里

Copyright© 2015 [恵愛歯科]巣鴨駅徒歩1分の歯医者|夜9時まで|土日OK|40年の診療実績 All Rights Reserved.